読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿のナンパ師に弟子入りした話。仰げば尊し。

あの日、僕は何も代わり映えしない生活に飽き飽きとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、それはあの日に限ったことではないのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしあの日の僕は何かが違いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットサーフィンをしていた時に見つけたとあるナンパ師のブログ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに繰り広げられていたのは様々なナンパ理論。  有名大学をでて大手企業に就職したのち、ふとしたきっかけでナンパ師になったという意味がわからない経歴。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふとしたきっかけ」って何だっけ?? ググらざるを得ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして気がついたら僕は、そのサイトの一番下にあった、ナンパ講習受付フォームに記入し、申し込んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか怖かったので、名字に母の旧姓を使いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると5分も経たないうちにナンパ師の方から連絡が入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまった。まじか。まじでかかってきた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「はい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンパ師「どうも。 山田(仮名)です。 本日は私のナンパ講習にご応募いただきありがとうございました。」

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「あ、はい (いや、そんなつもりじゃなかったんだけどな。。。)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからなんやかんや話が進み会うことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん無料ではなかったです。 2時間で2万円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時はいろいろ出費が重なり、金がなさすぎて ご飯にマヨネーズと醤油をかけて生活していた僕です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マヨネーズに醤油をかけて食べる調味料中心の食生活を条件にナンパ講習を手にいれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでの僕の人生は石橋を叩きまくり、終いには向こう岸には渡らずに、こちらの岸の方がいいんじゃね? コンビニあるし。的な人生を送ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそんな人生とはおさらばだ。 僕は変わるんだ。。!!  ナンパで。。。!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱いものが込み上がってきました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話をした翌日、どんな人が来るか不安でたまらなかった僕は新宿のアルタ前で生まれたてのチワワのような潤んだ瞳でナンパ師を待っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集合時間ぴったりに彼は颯爽と現れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目はおっさん手前。お世辞にもかっこいいと言えるような見た目ではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

靴はかかとがかなりすり減っており、ダメージジーンズのダメージが激しすぎて、このジーンズはガチでダメージを負っているのではないかと疑うほど、ビリビリのジーンズを履いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、この人ナンパできるのかな。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり心配になったのを覚えています。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンパ師『ではまず、座学から入りますか。 喫茶店でも行きますか? カラオケでもいいですけど』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕『(座学?)え、 じゃあ。。喫茶店で』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなダメージを負った瀕死のジーンズをさらに履きまわすドSな男と個室に入るわけにはいきません。怖すぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無駄におしゃれな喫茶店に入ってまず驚いたのは彼の決断の早さです。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は一切の悩みを見せず、レジ横にあった紅茶メロンパンを必要以上の力で鷲掴みし、お飲物はどうされますか?という店員のアドヴァイスをフルシカトし、お会計を済ませレジを立ち去ると同時にメロンパンに食らいつき、席に着く頃にはすでにメロンパンを口内に詰め込み終えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

頰を膨らまし無言でメロンパンをもぐもぐする山田(以下山田とします。仮名です)。真っ直な瞳で僕を見つめてきます。 気まずすぎました。 地獄ような時間でした。  

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は彼の長すぎるもみあげを見つめることでその長すぎる時間をなんとかやり過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30時間はたったでしょうか(体感) 彼がようやく喋り始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと始まったかと胸をなでおろしたのもつかの間、彼の声がでかく、そしてすばらしく通ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「では、なぜナンパに興味を持ったか教えてください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数人が僕らの方を振り返りました。

僕は恥ずかしさで頭がおかしくなりそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不幸は重なります。 山田はかなりの饒舌だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「世の中の大多数の人はナンパができません。 やらないんじゃない。できないんです。  道行く美女を見ても、いいなあと思うだけで行動に移せないんです。 普通に過ごしていて何人もの美女に出会えますか? だから私は・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じのことを言っていたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は帰りたくて仕方ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りの人が笑っているのを感じながら、白目を剥いている僕をよそに山田のナンパ理論の授業が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マインドセットの仕方や会話の組み立て方 それからファッションや見た目について。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田『見た目は普遍的に有利ですね。 やっぱり見た目は重要です。 一年365日毎日10時間ナンパをしてきましたが見た目を磨くに越したことはありません。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツッコミどころが多すぎて便秘を引き起こしそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶好調な僕ならば『いやいや、365日10時間ナンパとか頭おかしいやん!!ただの超アクティブなニートやん!! てかその一年間の気づき全然還元できてないやん! 衣服ボロボロやん。ダメージの穴拡大しすぎやから。もう膝むき出しやん。どうでもいいからその、もみあげそれや!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エミネムばりのビートに乗せてツッコムところを、カフェでおっさんからナンパ講習を受けているという状況を周りのお姉さま方に嘲笑されているという状況におかれ、

且つ山田という異次元の生物の気迫に押され、生物としての戦闘力がカナブンレベルまで下げられていた僕は

 

 

 

 

 

 

 

「な、なるほどでしゅ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんということでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんがみ(別名:baby accident  かんでしまうこと。ただかむだけでも恥ずかしいのに、さらにそれが赤ちゃん言葉のようになってしまうこと。その恥ずかしさはクラスの前で先生のことをお母さんと呼んでしまった時のそれに匹敵する。)をかましてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな僕をよそにナンパ講習なるものは進んでいきました。 そしていきなり山田がある女性の写真を見せてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が困惑しながら 瀕死の金魚のように口をパクパクさせていると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「街でこの人見かけたらどう話しかけますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕『え??』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「はい。 3。。2。。1」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「いい天気ですね? とかですか。。?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間山田の顔に失望の色が広がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「すみません。。 正解教えてもらっていいですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田『正解なんてものはありませんが、ぼくならこういきますね』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田『プール帰りですか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「ちゃんとみてください。 カバンが水色でビニール質ですよね? プール帰りの可能性が高いです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う、嘘だろ?  決めつけがすぎないか? だいたいこの新宿に昼間から水色のプールバックをぶら下げてルンルン歩いている女性なんているのか?  そんな小学生の心を忘れなかった女性がまだこんな汚い街に。。?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたい山田。 なんだそのしてやったりの顔は。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし山田の実績を見れば反論は難しいです。

山田が一年間で声をかけた女の数は3000人を超えています。

圧倒的なサンプル数により統計的に裏付けられた事実。  人間の直感はしばしば数学的な事実と乖離するのです。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんに覚えておいていただきたい。水色のビニール質のカバンを持っている女性がプール帰りである確率は極めて高い。これは統計的事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田『次は実際に外で女性に声をかけてみましょうか。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は血の気が引くのを感じました。

バカな話ですが、ナンパ講習を受けていながら自分がナンパをすることを想定していなかったのです。というかナンパという行為が今までの僕の生活とかけ離れすぎているためにいざやるとなると、もうどうしていいか分からない。それは『富士山登るかー。やっぱ富士山って言ったら1合目からでしょ!!!』と友達と盛り上がり張り切って行ってみたはいいものも、実際に麓に立った時の圧倒的な絶望感。あれに似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田が席を立つ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重い足取りで山田の後を追う僕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「まずお手本を見せます。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田の目が変わった。  山田の神経が研ぎ澄まされていく、僕らの間に言葉はない。街の雑踏が遠のいていく。  今この場を支配しているのは間違いなくこの男、山田だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「あれ行きます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田が静かに口を開いた。  視線はターゲットにむけたままで。 今何を考えているのか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田は言いました。1秒で視覚から入る情報をできるだけかき集める。次の1秒で今までの経験の中からいくつかの類似モデルを参照しつつ、最適な声かけを探り当てる。

最後の1秒で深呼吸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三秒ルール。  これ以上時間をかけると ネガティブな考えが頭を支配し、動けなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田が狙いをつけた女性は。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょいブス。。。!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まじか、  まあまあ 山田がBせんの可能性もあるし、まずは確実に成功するところを見せたかったんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田が果敢に話かける。  しかし女の子の反応は悪い。。!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、あれは。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無視!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的な無視!!!

 

 

 

 

 

 

あれが噂に聞く ナチュラル無視!!!(あまりにも無視が自然すぎて話かけたこちらが話かけたことが幻だったのではないかと疑ってしまうほどの無視。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんていうことだ。 あの百戦錬磨の山田で。相手がちょいブスな女の子でこの現実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「こんな感じです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、どんな感じだ。   てかこんな感じだったらやばくないか。

 

 

 

 

 

 

 

山田「ナンパは失敗ありきですから。じゃあまず僕にナンパしてみてください。練習で。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は新宿の繁華街のど真ん中でおっさんをナンパした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛いですね。 飲みに行きませんか。 おっさんに積極的にアプローチをする青年、僕。  そしてなぜか頑なに僕の誘い拒み続ける山田。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「ちょっとなんですか? 今急いでるんです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは完全なる地獄絵図だった。 いや地獄そのものだった。演技だとわかっている。しかしとてもイラつく。。!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りの視線が剣山のように突き刺さります。   僕のピュアハートは血を吹き出しボロボロでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田「悪くないですね。  早速行ってみましょう。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、悪いイメージしかできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「すみません。 その前にちょっとコンビニで酒飲んでいいですか?  酔いたいです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうプライドもクソもあるか。ナンパなんてシラフでできるわけがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田は嫌な感じも軽蔑の色も一切見せずに承諾してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒を買いコンビニから出てくると ベジータ並みに木にもたりかかりながら、コンビニのサラダチキンにかぶりついているワイルド山田がいました。

 

 

 

f:id:karamazof_life:20160930130200j:plain

 

 

 

f:id:karamazof_life:20160930130058j:plain

 

 

 

 

 

 

もはやツッコミの余裕もない僕はそんな彼を横目に酒を飲んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからの山田はすごかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に歩いている女の人数人グループを前に おーーーいと満面の笑みで手を振り無視されたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニから出てきた女に 今からあそこの店に飲みに行きませんかと誤ってマツモトキヨシを指差したり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は完全に置いてけぼりでした。 彼は失敗を全然恐れていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はというと、山田があの人行ってください。と言われても 一歩が出ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「もう、ダメかもしれません。 僕には向いていないのかも。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時山田に言われた一言はまだ心に残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに向いていないかもしれない。だがそれがどうした。 僕はあなたより向いていない自信がある。  ただそれは諦める理由にはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言い放ってそう言い放って女のこに声をかけにいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卑屈な思いになっていたのは僕だけでした。 周りの目を気にしてばかりで自分の本当にやりたいことや言いたいことは やれず、言えず。 カフェの時だって周りに笑われていたと感じていたのは、僕の単なる思い込みだったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田は周りは気にしません。 自分が信じたものに向かって努力を惜しみません。たとえ周りがどんな目で彼をみようとも。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は失敗をすることを恐れていました。 まだ失敗もしていないのに。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も彼みたいになりたい。。!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心のそこからそう思えた瞬間でした。 前へ。 前へ。 僕は今日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれ変わる。。。!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「ぷ、 プール帰りですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、話かけた女性からはなんの反応も得られませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ僕は何か大切なものを確かに手にしました。 そんな気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。   山田さん。 仰げば尊し