読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街で見知らぬ美人に股間を昇竜拳された僕は人類の進化ついて考えた。

 

 

 

 

 

 

 

ある日僕は街を歩いていました。 なんの変哲もない1日が終わろうとしていました。

 

 

 

 

 

 

その1日はそのまま何も無く終わるべきだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし事件は起きました。

 

 

 

 

 

 

 

僕の斜め前を歩く女性。 背筋が伸び、歩き方もモデルのようで凛とした印象。

 

 

 

 

 

 

 

丁寧に手入れされた、少しカールがかかった艶のある髪がくるんくるんと楽しそうに彼女の肩の上で跳ねています。

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろからみただけで彼女が相当な美人であることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

ただ僕が彼女に目を奪われたのはその美しさからではなく、腕のスイングからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1回いいます。

 

 

 

 

 

 

腕のスイングです。

 

 

 

 

 

 

 

腕のスイングってなんやねん。 と思われた方。

 

 

 

 

 

 

安心してください。  僕も自分で書きながらかなりの違和感を覚えています。

 

 

 

 

 

 

人間は歩く時に腕を振りますよね。

 

 

 

 

 

 

そう、それは自然の摂理。 学校で習うことも親に教わることもなかったでしょう。

 

 

 

 

 

 

気がついたら僕らは腕をスイングしていたんです。

 

 

 

 

 

 

そんな当たり前なこと。 もはや言及すること自体に違和感を感じてしまうほどの圧倒的な当たり前さ。 日常で意識することなんて皆無です。

 

 

 

 

 

 

しかしそこに僕は目を奪われました。

それほど彼女のスイングは特徴的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女のスイングの角度は180度近く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけではありません。 歩調に対して腕のスイングが微妙にずれているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにずれているのです。微妙にですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも彼女のスイングが精密なアナログ時計の機構に組み込まれていたら、1日あたり数分のずれを引き起こすであろう。 それほどの微妙なずれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな腕のスイングがこの世界に存在するなんて。。 ていうか腕のスイングって一体なんなんだ。。僕は途方にくれました。

 

 

 

 

 

 

歩くときには歩み出す足と反対側の腕を同じタイミングで前に振り出す。そして同じ側の足が歩み出すタイミングで振り出した腕を後ろに引く。 この時の振り出し、引き戻しの合計角度はおよそ80度である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意識したことすらない。 当たり前すぎる当たり前が目の前で崩れ去った時の絶望を皆さんは味わったことがありますか?

 

 

 

 

 

 

 

僕は絶望で目の前が真っ暗になりました。

 

 

 

 

 

 

 

700万年前にアフリカで人類が誕生してから人間は進化してきました。人類は600万年の間、アフリカ大陸から出ることはありませんでした。我々人類が今日ほどの文明を築けた一番大きな理由はなんだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

火を使えるようになったからでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

言葉を覚えたからでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

否。

 

 

 

 

 

 

 

人間がこれほどまでに進化できた理由は、 歩いたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒冷地域に向かった者は寒さに耐え生き残る為に知恵を絞り進化していきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

野生の食料が十分でない環境に移った者は知恵を絞り農業を覚えました。

 

 

 

 

 

そうして我々の祖先は世界各地で人類全体としての知恵を築きあげていったのです。

 

 

 

 

 

 

そして各地で集落ができ、争いが生まれました。

 

 

 

 

 

 

他の集団との競争の中で生き残るために我々の祖先は知恵を絞りました。

 

 

 

 

 

 

我々の祖先が歩けば歩くほど、人類の生息地帯が拡大するほど、生き残るために構成された組織は拡大しやがて集落や村といった小さな組織から、国といった巨大で、複雑な組織に姿を変えていきました。

 

 

 

 

 

そんな人類の飛躍的な進化を支えた「歩く」という神聖な行為。そしてそれを支えた我々の腕のスイング。

 

 

 

 

 

 

我々のDNAに刻み込まれた腕のスイング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試しに腕を一切動かさず、横腹に腕を貼り付け一切の腕のスイングを封印した状態で生活してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがどんな人気者であろうと、3日以内に変なあだ名をつけられ、いじめられ出すでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな美女でも腕のスイングが皆無な女性とは街を歩けません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言うならば  腕のスイング>>>越えられない壁>>>>>顔=>性格なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな当たり前、しかし重要なことを僕は彼女に気がつかされました。

 

 

 

 

 

 

 

と、同時に腹の下でぐつぐつとうごめく醜い欲求に気がつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かめたい。  彼女のスイングを間近で見たい。

 

 

 

 

 

 

 

彼女の腕のスイングが生み出す春うららなそよ風を感じたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ひょっとするとかまいたちのように鋭い旋風が僕を斬りつけるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもいい、いやそれならばもはや刻まれたい。。

 

 

 

 

 

 

 

我々が疑うこともなかった当たり前を真っ向から否定し、そして人類の新たなる進化の礎を築こうとしている彼女。

 

 

 

 

 

 

 

 

人類の次なる進化への提案。  新世界の歩き。 「the new world walk」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界を敵に回しても。人類700万年の歴史に抗ってでも。。。。 なんと途方もない覚悟か。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の堂々とした歩き。700万年の人類の歴史に問いかける彼女の一歩、そして一歩。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾杯。  そして完敗だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微力ながら私もあなたに力を添えたい。 これといった特技はないが、私は右乳首の福毛を3週間以内に必ず復元できる。必ずだ。いつかあなたの役にたつだ。。 ザッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はう!!!!!??????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間、僕のエレファントカシマシは彼女の引き戻しのスイングによって 叩きあげられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は人生で初めて股間にアッパーを食らいました。

 

 

 

 

 

 

 

いや。。あれはアッパーなんて生易しいものではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

昇竜拳だ。  ストリートファイターのケンやリュウが繰り出す、必殺技。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天に拳を衝く(神に拳を向ける)ため禁じられている大技です。

 

 

 

 

 

 

 

彼女のノールック後方昇竜拳。  おそらく彼女は本来の力の30パーセントも出していなかったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、正面から食らっていたら 僕の棒は木星に突き刺さり、左金玉は火星を貫通した後、土星を爆発させ、右金玉は300億光年先に到達した後、ある恒星の引力軌道にのり、惑星となり文明が生まれるでしょう。それほどの威力。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り向いた彼女の顔はすごい形相でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

3億匹の苦虫を噛んだような顔をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はまるで生後2日のチワワのような目で彼女を見あげました。

 

 

 

 

 

 

 

あの時僕の生物としての戦闘力はコクワガタのメスを下回るほどでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご、ごめんなさい。。ぼくの汚いチワワに触らせてしまって。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は舌うちをし、去っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的な敗北でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

一撃を喰らった時、僕の頭の中で、遠い場所から響いてきたあの叫び。

 

 

 

 

 

 

 

 

「おとといきやがれ!!  しょおおおおおりゅうけん!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは空耳なんかじゃなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕なんかよりもはるか先を歩く、彼女からの確かな叫び。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくは自分が虚しくなりました。  ショーウィンドウに映るのはなんとも情けない男の顔。

 

 

 

 

 

 

 

もっとがんばらなくては。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疼く股間を優しく包みながら、彼女に届くようにしっかりとした声で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

君へ。